「被災地生活実態調査報告」

調査主体 「被災地生活実態調査委員会」

代表委員: 領家 穣(関西学院大学名誉教授)

委員:

岸本幸臣(大阪教育大学教授)
勝村弘也(神戸松蔭女子学院大学教授)
日野謙一(兵庫医科大学講師)
河村宗治郎(兵庫県被災者連絡会)

調査期間:2004年10月25日〜11月28日

調査対象:復興住宅、一部民間住宅及び持ち家在住被災者

調査方法:協力者により調査票を手渡し、後日回収する方法
     (回答者の求めによる聞き取りの場合あり)

分析結果

2005,7, 3
ウェブサイトを全面リニューアルしました。今後ともよろしくお願いします。

「被災地生活実態調査報告」をアップしました。

ホームお知らせ活動報告コラムデータベース震災の記事団体概要ギャラリーご相談・質問リンクサイトマップ
2005 Hyogo-prefecture Earthquake-victims Network, All right reserved.